葉酸商品比較ランキング

妊活・妊娠中に摂る葉酸を選ぶ3つのポイント

ビタミンB6とB12が配合されている葉酸を選ぶ

葉酸だけが単体であっても本来の力を発揮できません。B6とB12が一緒に配合されているとB6はつわりの緩和、B12 は造血ビタミンになります。

ビタミンCや鉄が配合されているとなお良し!

Cは葉酸を活性化させます。
コラーゲン生成を促し、免疫力アップだけでなく鉄分が配合されていると吸収を助けてくれます。

GMPマークがついていることが重要!

GMPは製造工程管理基準を指します。GMPマークがついた健康食品は一定の品質が担保された製品です。

#

最近注目され始めた葉酸という成分があります。葉酸とはほうれん草などの食品に含まれるプテロイルポリグルタミン酸とサプリなどの化学合成されたプテロイルモノグルタミン酸の2種類があります。前者は食事で摂れる葉酸、後者はサプリなどでとれる葉酸です。厚生省はこの葉酸を摂る目安を1日μg(マイクログラム/1mg=1000μg)としています。これは普通の食事から摂れる量としています。


一方で近年いわれるようになったのが、妊婦の葉酸摂取です。なぜ必要と言われるようになったかというと、胎児の神経管閉鎖障害発症リスクを低減させると考えられているからです。これは国立健康・栄養研究所の「健康食品の安全性・有効性情報」サイトでも同様のことをレポートしています。本来は妊娠する予定の方、妊娠する可能性のある方は積極的に摂るようにしたいものです。というのも妊娠してから摂っても少し遅いといわれているからです(もちろん摂ることに越したことはありません)。


それでは一体どの程度摂ればよいのかというと目安があります。1日の摂取量は時期によって異なります。妊活中は1日400μg(マイクログラム/1mg=1000μg)、妊娠中期から出産前は一日240μg、授乳時期は1日100μgが目安になります。それぞれ時期によって体調がわかるとおもいますが、妊活中なら着床率アップや妊娠力を高めるといわれています。また妊娠中の摂取は先ほどの赤ちゃんの障害のリスクを減らし、自閉症や流産のリスクを低減させるといわれています。妊娠後期は早産を防止したり、妊娠高血圧症の予防などの効果が期待できます。産後はうつや抜け毛防止などに効果があるといわれています。


このように注目されている葉酸を選ぶにはどのような目安で選べばいいのかを解説します。一概に色々な葉酸サプリが登場していますが、どのかどのように違うのか、素人にはわからないことが多いですね。それにお子さんや自分の妊娠という重大事に関わることは慎重になるでしょう。
ここではそんな方のために有益な情報をご紹介します。ぜひ一度目を通してみてください!

妊活中から妊娠中、出産後でも葉酸は大活躍

原材料が安全で安心、そして明記されていること

葉酸サプリメントを摂る場合、妊娠前から出産後までお世話になります。そのため安心できる原材料を使っていること、明記されていることが大切です。

妊娠中の方でも飲みやすい製品であること

妊娠中はつわりがひどい方もいるはずです。この時期人によっては錠剤だけでもつらいという方もいます。
無味無臭で小さ目のものを選びましょう。

信頼できる会社の製品であること

販売会社を選ぶのも大切なポイントです。怪しい業者を選ばずに信頼できる会社かどうかを事前に調べて判断しましょう。

本当に良い葉酸サプリメントを選ぶ基準とは

国立健康・栄養研究所の「健康食品の安全性・有効性情報」というサイトでも妊婦が葉酸を摂ることを推奨しています。これは妊婦のためだけでなく、葉酸接種により胎児の神経管閉鎖障害発症リスクを低減させられると考えられているからです。これは多くの研究で明らかにされているようです。


また妊娠を計画している方や妊娠の可能性がある方は普段から葉酸を摂ると良いとされて、いざ妊娠してから摂るのは遅いとも考えられています。また摂り方はまず食事を充実されるのがメインで、次に葉酸が添加された栄養機能食品や加工食品、最後にサプリメントという順番で考えてみましょう。


葉酸の食品の目安はそれぞれ以下に記しましたので参考にしてください。全部100g中のμgです。
<植物性食品>
ゆで枝豆260、ゆでアスパラ180、ゆでオクラ110、ゆでブロッコリー120、ゆでほうれん草110、生アボガド84
<動物性食品>
うなぎ380、いくら100、生ホタテ87、生うに360、生牡蠣40、うし1,000、鳥1,300
他に果物にも含まれるものが多く、伊予かん、柿、キウイフルーツ、バナナなども25~38程度の葉酸が含まれます。
このように考えていくと意外と普段の食事で補えそうですが、摂取できるかどうかが鍵になります。そのためにサプリメントで補うということを考えている方が多いのだと判断します。


[サプリメントや加工商品は表示に注意!]
加工食品やサプリメントは含油量、原材料などの表示がしっかりされているものを選びます。特にサプリメントは自己判断だけでなく薬剤師や医師、サプリメントアドバイザーなどの意見を確認したほうが良いでしょう。
原材料が明確な製品を選び、例えば抽出物やエキスといった表示は成分名や含有量がはっきりしません。成分名がしっかり記載されていないものは葉酸以外の添加物が複数配合されている場合があるので注意が必要です。食品の形なら摂りすぎはある程度防げると思いますが、サプリメントは経口になっているのでどうしても過剰摂取する可能性があります。そのために食事の形状をしているものから摂るほうが良いとお勧めしていますが、普段から気を使えない場合が多いでしょうから、次のことに注意してサプリメントを選ぶようにしましょう。


[サプリメントを選ぶ目安とは]
冒頭でも3つのポイントをお伝えしましたが、特にGMPマーク(Good Manufacturing Practice)という適正製造規範が付いていることが大切です。これは、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるようにするための製造工程管理基準のことです。意外と知らない方が多いのですが、健康食品(特に錠剤やカプセル状のもの)の製造の過程で濃縮や混合
などの作業が行われることがあり、含有成分量にバラつきが出ることもあります。この問題を防ぐのがこのGMPマークです。このGMPは厚生省のガイドラインに基づいて申請がある健康食品製造会社に対して付与されます。非常に厳格なガイドラインに沿って作られた製品の証なので安心です。

ベルタ葉酸ならB6・B12・C・鉄分・Ca配合で安全性、飲みやすさともに優れています。
またGMPマーク取得済み、放射線テストもクリアした信頼性高い製品です!

葉酸サプリ人気のトップ5ご紹介

ベルタ葉酸

総合評価
★★★★★
使いやすさ
★★★★★
掲載情報量
★★★★★

ベルタ葉酸は定番のサプリです。27種類のビタミン・ミネラル、20種類のアミノ酸、21種類の野菜、6種類の美容成分、鉄・Caが配合されています。

商品詳細ページはこちら

ママニック葉酸サプリ

総合評価
★★★★
使いやすさ
★★★★★
掲載情報量
★★★★

ママニック葉酸サプリは人気化粧品リッツシリーズの会社で有名です。鉄分を除いてベルタと同様の成分が入っています。15日間の返金保証もうれしいサプリです。

商品詳細ページはこちら

Lara Republicの葉酸サプリ

総合評価
★★★★
使いやすさ
★★★★
掲載情報量
★★★★★

Lara Republicの葉酸サプリは他の成分と同様ですが、コーティング剤が使われていないので若干飲みにくいという口コミが多いようです

商品詳細ページはこちら

美的ヌーボ

総合評価
★★★★
使いやすさ
★★★★
掲載情報量
★★★★

美的ヌーボはベルタ同様に成分、安全性とも同様です。またDHAやEPAが配合されています。少し残念なのは粒が若干大きいので飲みにくいという口コミがあります。

商品詳細ページはこちら

小林製薬の葉酸・鉄・カルシウム

総合評価
★★★★
使いやすさ
★★★★
掲載情報量
★★★★

小林製薬の葉酸・鉄・カルシウムは製薬会社の製品ですが、他のメーカーと比べると若干成分の含有量が低めです。ただし1か月の値段はリーズナブルです。

商品詳細ページはこちら

ベルタ葉酸をお勧めする3つの理由とは

400μgの葉酸配合・27種類のビタミンミネラル配合

16mgの鉄分・232mgのカルシウムが配合

21種類の野菜・6種類の美容成分・無添加

ベルタというとは葉酸サプリというとすぐ出てくるくらい有名なサプリメントです。2015年にはモンドセレクションを受賞した非常に優秀なサプリメントです。このサプリメントが作られた背景には、現役ママである社員が全面的に行っています。だから妊娠前から妊娠中、出産後の気持ちがわかるサプリメントになっています。
現役のママでなければわからない視点やユーザーの声をもとに製造されています。


ベルタ葉酸が優れているのは何も妊娠を目的にした女性ばかりではありません。美容や健康を維持したい女性の方にも非常に良いサプリメントです。
例えばビタミン・ミネラルは若い女性でも不足しがちな成分です。うれしい美容成分はツバメの巣・コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタ・黒酢もろみ・珊瑚カルシウムなどが配合されています。実は妊娠後にはうつになったり、抜け毛が増えることがあります。女性ホルモンのバランスが悪くなることで起こります。そのためそれらをサポートする成分も含まれています。


葉酸は酵母葉酸と呼ばれる葉酸で葉酸を酵母に含有させることで、通常の合成された葉酸よりも圧倒的に体内での吸収が良くなります。体内に葉酸を長く滞在させることが可能になります。このコラムの最初にご紹介した食品のポリグルタミン酸は体内でモノグルタミン酸に分解されて吸収されます。サプリメントはすでにこの後者になっています。


また毎日口にする葉酸サプリだからこそ、放射線や残留農薬検査が確実にされているものが大切です。ベルタ葉酸サプリはそこもクリアしています。安心・安全を形にした商品です。お勧めの理由は成分だけでなく、製造工程にもこだわった安心安全が担保された商品だからです。

今すぐ摂取したくなる、葉酸の秘密

ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれていると言われている葉酸、特に女性は意識的に摂取した方がいいとテレビや雑誌などで取り上げられています。分かっていても中々重い腰が上がらないのは、本当に葉酸の凄さを理解してなかったからでしょう。ようやくこの成分の凄さに気づいた時には、藁もすがる様な思いで購入してました。野菜食べているつもりでも全然足りてなかった、普段の食生活で補うのはほぼ不可能です。葉酸が私たちにもたらす効果はざっとこんな感じ、細胞の活性化や貧血予防、老廃物を出す働きの手助けをしてくれたり、自律神経のサポートなど優秀なんだと分かった所で自分に合う物を探し始めました。

数ある中で目を引いたのが、「ベルタ葉酸」です。酵母葉酸100%というなんだか身体に良さそう、優しそうというのが最初に抱いた感想です。身体に直接取り入れる物ですから、安心安全なものを選びたかったのでベルタ葉酸を選びました。そして血液検査で貧血としてよく引っかかる私には、鉄分です。でもレバーは嫌い、そんなわがままも叶えてくれたのが「ベルタ葉酸」でした。鉄分が入っているからといって、従来の鉄分サプリの様に鉄臭さがなく飲みやすいです。これなら続けられるかもと感じました。

本格的にこのベルタ葉酸に出逢ったのは、産後間もない頃だったのですが、妊娠中から葉酸は積極的に摂取する様にと口すっぱく言われていたので、もっと早く情報収集して見つけておけばよかったです。でも産後だからと遅い事もなく、授乳でしっかり栄養を届ける事が出来たと思います。また産後は髪が抜ける、肌が荒れると無残な姿になると言われてますが、葉酸を上手に摂取する事で美しさを保つ事が出来ました。妊娠前と変わらない位ハツラツとしているなんて言われた事もあり、これが飲み続けたご褒美なのかと有頂天になっています。

公式サイトはコチラ

葉酸の中でもベルタを選ぶ理由は何か

葉酸の中でもベルタ葉酸を選ぶ理由やメリット、クチコミを調べてみました。母体と赤ちゃんに必要な栄養をベルタ葉酸で効率よく摂取することができます。ベルタ葉酸は、成長が期待される企業100社としてベストベンチャー100にも選ばれている企業です。会社の信用力や商品力に関して、素晴らしい企業が販売していると考えられます。ベルタは、妊娠中でも副作用なく安全に飲める配慮が行き届いています。天然由来のものを使用し、合成化学物質の無添加、妊娠中に控えたい脂溶性ビタミンが少なめ、残留農薬や放射能汚染の検査実施の4つのこだわりがあります。

ベルタは薬ではなく食品なので、クチコミを確認しても副作用の報告はありません。栄養機能性食品も表示されているので、そこも安心できるポイントです。赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスク低減の効果があると立証されているので、妊活から授乳までの妊娠中だけでなく、美容や健康など幅広く関わりのある栄養素が含まれているので、常に摂取を意識しておきたいです。また、リピート率も高いです。クチコミでは、飲んだ翌日は朝がスッキリ起きられるという点です。疲れが次の日に残りにくいというのは一番最初に感じました。

他のクチコミは、飲む前と飲んだ後で感じた違いは、肌の違いです。飲む前より明らかに肌のトーンがあがっている事と、化粧ののりが全残違います。妊活に期待できる効果は、胎児リスクの低減や妊娠率アップのサポート、受精卵や胎児の成長サポートがあります。妊娠中に期待できる効果は、貧血の予防や改善、つわり時の栄養補給や冷えやストレスによるつわり軽減、妊娠高血圧症候群や妊娠線の予防や改善、難産や逆子の防止があります。産後や授乳中に期待できる効果は、産後の体力や子宮の回復や母乳の質や出がよくなる効果があります。妊娠時期以外に期待できる効果は、美容効果や健康効果があります。

TOP